男性

引越しや出産でも発病する

引越しうつになると荷物の整理ができなくなり、産後うつは出産後に心の落ち込みが延々続くのが特色です。社交的な人でも引越しうつになりやすく、産後のうつは子育てを一人でする人がなりやすいので、心に変調が出た時は病院でうつ病チェックを受けましょう。

男性

平日に時間が取れないなら

平日に時間がない時は、土日診療を行うメンタルクリニックでうつ病チェックを受けるのが良く、そうした医療機関は、休日に薬が切れた時にも活用できます。うつ病対策では日頃の十分な睡眠と休養も重要ですが、早めに病院でチェックを受けることも大切です。

女の人

誰しもがかかる身近な病気

うつ病の治療では、カウンセリング等の精神治療と、抗うつ薬などの化学治療を併用して行うことが一般的です。初診でうつ病の判断項目にいくつ当てはまるかをチェックし、病気の種類と症状の傾度を特定してから、必要な治療を続けていくことが大切です。

看護師

安価で治療することが可能

うつ病治療は心療内科で行われており、悩み相談が出来ると評判です。減額制度などが充実しているため、安価で治療を受けることが出来ます。病院を選ぶ際は評判や行われる検査などをチェックするだけでなく、距離が近いかなども確認するのが良いでしょう。

医者

増加する精神の病気

うつ病は本人が気づかないことが多く、それに対処するため会社などではストレスチェックを行っています。治療は医師の指示にきちんと従う事も必要ですが、コミュニケーションをとりやすい医師を見つけることも大事です。

うつの原因と兆候

医療

うつはどのような病気か

うつ病になると、心と体にさまざまな不調があらわれるようになります。なんだかすっきりしない気分が続く、本来の自分ではない感じが続く場合は、うつの兆候が出ているのかもしれません。見過ごすと進行して重症化する場合があるので、初期のうちに見つけて適切な対処をしましょう。気になるときは、うつのセルフチェックをしてみることをおすすめします。次に挙げる症状が該当するかチェックしてみてください。「最近疲れやすい」「寝付けない、朝早く目が覚めやすい」「朝はゆううつな気分になりやすい」「頭痛、肩こりがある」「何をやるのもおっくうに感じる」「テレビを見ても面白くない」「趣味に興味が持てなくなった」「仕事に集中できない」「食事が美味しく感じられない」これらの症状が多く当てはまる人は、うつの兆候または何らかの不調があるかもしれません。早めにご家族や医療機関に相談されると良いでしょう。ただし、うつ病に似た病気も多いので自己判断は禁物です。かかりつけ医などでもよいので、一度受診され、原因をはっきりさせることをおすすめします。うつ病は、16人に1人が一生に1回はかかるといわれ、誰もがかかる可能性のある病気です。一時的にゆううつな気持ちになることは誰にでもよくあることで、これは病気とは言いません。チェックの項目のような、心身の漠然とした不調が2週間以上続くと、うつ病が疑われます。この病気は、脳内の神経伝達物質が不足し、感情や認知能力などがスムーズに機能しなくなるために起こります。心だけでなく体に不調が起こるのも、この病気の大きな特徴です。これは、痛みをコントロールする神経伝達物質が不足するためとされています。発症のきっかけは、環境の変化やショッキングな体験などの精神的なストレスと考えられていますが、ほかに体の病気が引き金になることもあり、原因は人それぞれです。ちなみに、メンタルの弱さは関係なく、脳の機能が低下して起こる病気なので、メンタルを鍛える、我慢するといった対処では治せません。脳内伝達物質のはたらきを改善するためにも、薬物療法、十分な休養などが必要になります。初期に治療を始めれば早く回復することができます。チェックの結果が気になった人は、精神科またはかかりつけ医や近くの総合病院に相談されることをおすすめします。

Copyright© 2018 うつ病の疑いは専門医に相談【うつのセルフチェックをしてみる】 All Rights Reserved.